individual house

基準を守る

individual house

耐震補強とは一体何か

東日本大震災から大きな地震が増えています。それに伴い、日本中では大きな地震に備えての準備が必要とともに果たして自分が住んでいる住宅が地震による被害で倒壊しないかどうか心配している人も多いのではないかと思います。 自己所有の住宅を持っている場合や、これから自己所有の住宅を購入する場合には、少なくとも耐震補強について知っておく必要があります。 耐震補強とは、地震で大きな揺れを感じたときに、住宅が揺れに耐えられる作りにすることです。 1981年6月耐震基準が変わりました。それまでの基準は、震度7の程度の大きな家に耐えられる作りではなかったのですが、新しい耐震基準になってから、直下型の震度7度の地震であれば倒壊しにくい住宅の作りになったのです。

補強が必要な場合とは

そこで、1981年6月より前に建てられた住宅に関しては、震度7程度の直下型地震が起きた場合、住宅が倒壊してしまう危険性があります。 これは、1995年に起きた阪神淡路大震災の際に倒壊した建物のうち、9割は1985年6月より前に建てられた住宅だったことを考えると、旧耐震基準での住宅は、倒壊の危険が高くなると予想されるため、耐震補強する必要があります。 耐震補強は、耐力壁を入れたり、柱と柱をつなぐ金具をつけて突然の大きな揺れで柱が抜けてしまわないようにすることなどがあります。 また建物と基礎をつなぐボルトを入れて大きな揺れから住宅を守る方法もあります。 耐震補強の平均的な価格は120万円から150万円位と言われています。